水槽・熱帯魚リース業者の見極め方

水槽・熱帯魚リース業者の見極め方

 

まず、水槽リース業者を選ぶ一番最初の条件として、
自分が設置を考えている場所、エリアをカバーしている業者でなければなりません。
具体的にサービスを行っているエリアを各社ホームページなどで確認してください。

 

そしてあなたが望むサービス、つまり水槽のメンテナンスのみなのか、リース契約、レンタル契約をするのか、
どんな観賞魚を入れたいのか、水槽の大きさは、レイアウトは、また用途は何なのかと、考慮する点は色々あります。

 

水槽、熱帯魚リースといっても、その水槽のレイアウトやデザインを提案してもらったり、
独自に専門家に出張してもらい、水槽のサイズや導入例の紹介をお願いしたり、
事前の調査や聞き取り作業によって、そのアクアリウム業者の技量、デザイン、サービスの質が推し量れるものです。

 

なによりもこの水槽レンタル、リースはその後のメンテナンスが大事です。
物ではなく生き物を扱うので、その分、定期的にメンテナンス、管理をしっかり行ってくれる、
場合によっては365日、24時間体制で、緊急時にはかけつけてくれるような業者が望ましいです。

 

 

殆どのアクアリウム業者では、魚や水槽、それらの周辺機器について、保険に入っていますので、
ユーザーに賠償責任等はありませんが、契約時に契約内容をよく確認してください。

 

機材や水槽の破損、観賞魚が死亡した場合、賠償責任がユーザーになっているようでしたら要注意です。
特別注文で珍しい魚を用意してもらったら、その魚については別契約や買い取りになってしまう場合もありますので、
免責内容をくれぐれもしっかり見ておくことです。

 

水槽リース業者は、少なくても月に数回は清掃やメンテナンス、周辺機器や水質のチェックに来てくれることが望ましいです。
自動の餌やり機の設置や子供のいたずら対策なども事前にしてくれるところもあります。
なによりもアクアリウムレンタル、リースの実績があり、多くの顧客から信頼を得ている業者、
困った事が合ったら、すぐに連絡でき、現場に来てくれるようなフットワークの軽い業者がベストです。

 

優れたレイアウト、アクアアーティスト、空間のデザインに優れている業者でも
魚の管理やメンテナンスがしっかりしていなければ、長期リースで勧められる業者さんとはいえません。

 

すべてのサービスがバランスよく、そしてお手頃な価格設定のアクアリウムサービス業者を選び、
快適な環境づくりに役立てましょう。

 

ユーザーの話しに耳を傾けてくれて、相談や気になる事に手軽に対応してくれる、
そんなアクアリウムサービスを探してみましょう。