業者が行う水槽のメンテナンス方法について

業者が行う水槽のメンテナンス方法について

 

水槽メンテナンスアクアリウムレンタル、リースでは、
業者が観賞魚の水槽のデザイン、レイアウト、魚選びなどを
プランニングしてくれます。

 

魚の知識や水草、水槽や関連機器、水質など、観賞魚を飼う知識が全くない人でも、
専門業者が定期的にメンテナンスをしてくれるので問題なく水槽を設置できます。

 

熱帯魚や海水魚は水質の変化にとてもデリケートなので、
こまめな水質管理や水替え、観賞魚の健康管理や自動餌やり、また子供のいたずら予防など、
業者がメンテナンス時にチェックしてくれることは多数あります。

 

もし動きが悪い魚がいたり、実際病気や死にかけている魚がいる、水質が著しく悪い、水槽や備品が壊れた、故障したときなど、
回数の制限なく駆けつけてくれる業者もありますし、
月極で何回、とメンテナンス回数が決まっている業者、訪問回数によって請求額が変わるパターンなども色々です。

 

それぞれの会社で独自の水質管理テクニックや、最新のレイアウト、飼育方針があるので、難しいところは専門家に任せましょう。

 

基本的に魚の飼育については、ユーザーはノータッチで、業者に任せきりでもいいのですが、
なにかメンテナンス、ディスプレイで希望があったら、迅速に業者に伝えましょう。
顧客ごとに水槽のコンセプトやニーズは違うのが普通ですし、同じデザインで飽きてしまうこともあります。

 

水槽のレイアウトや雰囲気を変えてほしい、魚を交換してほしい、より大きな水槽、小さな水槽にしたい、
イレギュラーな形のスタイリッシュなデザインにしたい、照明に凝って魚を一番きれいに見せたいなど、
希望がある場合はメンテナンス時にきちんと伝えるといいでしょう。

 

水槽以外のメンテナンスもお任せOK!

 

水槽ですから、いつでもキレイでクリーンなイメージを保つのは当然としても、その他水回り、キャビネットや水槽を設置する場所の確保、
電気系統の配置、ライティングの工事など、水槽に関することならすべて導入時に引き受け、
尚かつ毎月チェックにきてくれますので、その点はとても安心です。

 

ライトがあると、どうしても防げないのがコケの発生ですが、メンテナンススタッフが水草などについたコケをトリミングします。

 

元気な魚はその様子をみて、興味を持って寄ってきたりします。
魚の様子を伺い、病気だったり、元気が無かったり、いじめられている魚がないかチェックします。

 

照明も、最近はLEDの採用などでより水槽の中がクリアに、そして美しく、
省エネルギーでも素晴らしい水槽環境を維持できるようになっています。

 

魚の健康で最も大事な水質管理、濾過器の調子も、そのメンテナンス時に確認してくれるので、安心して業者に任せてみてください。