アクアリウムセラピーとは

アクアリウムセラピーとは

 

アクアリウムセラピーアクアリウムセラピーは、2種類の癒し効果があるメソッドで、
まず、水が与える癒し、つまりアクアセラピーと、
動物や魚と交流、観賞をすることによって心身をリラックスさせるアニマルセラピーなどを
合わせもつ効果が期待されている、いま話題の心理メソッドです。

 

現代の若い学生さんやサラリーマン、OLさんに水族館の愛好家が多いのも、
水族館の独自の雰囲気や魚が泳いでいる姿を観る、
揺らぐ水草などを観賞することで自然と心が安らぎ、癒されていることが大きな理由で、
アクアリウムセラピーでは現代の生活で溜りがちなストレスを自然に発散できるといわれています。

 

そして現代では、普段の生活環境、例えば住居、オフィス、また商業施設など、
身近な環境でそうしたアクアリウムセラピーを取り入れ、
水族館に行くまでもなく癒し、安らぎ効果を得ようという人、企業も増えているようです。

 

もともと生物は水から生まれたといわれます。
そうした原始の形に還るように、水が流れる音や泳ぐ魚、またゆらめく海藻などには生物を癒すパワーがあると言われています。

 

特に近年、こうした水槽やアクアリウムレンタルが
病院や介護施設、また子供の幼稚園、保育園などへの設置が広がっているのは、
こうしたアクアセラピーの効果も考えているものだと思います。

 

アクアリウムセラピーで企業でもたくさんのメリットが…

 

企業のなかでもオフィス環境や、社員のストレス対策、商談や仕事をスムーズにする効果に目を付けて、
アクアリウムレンタル、リースを導入する企業も増えています。
社員のメンタルヘルス、または環境整備に力を入れている企業としてのイメージアップもできますし、
顧客や取引先にも良いイメージを持ってもらえるでしょう。

 

最近は環境対策や自然の保全など、地球環境や生き物に関しての関心が特に高まっていますから、
こうしたアクアリウム設備を自社に取り入れることで、
クリーンなイメージ、環境コンシャスな癒しのイメージを持ってもらうこともできます。

 

水や生き物には不思議な癒しパワーがあります。
社員や顧客のくつろぎスペースに、リラックスタイムとして魚の様子を眺めながら、
自然にふれあえる機会を作ってあげるのも精神衛生上、非常に良いことかと思います。

 

オフィスやクリニックなどでは、動物とのふれあいで癒されるように、故意にペット、犬、猫、小鳥などを置いていることがありますが、
人によっては動物や鳥にアレルギーを持っていたり、鳴き声などが騒々しい、臭いがするなどで、
動物嫌いな人もいる、というデメリットもあります。

 

ですがこうした魚なら無臭ですし、掃除やメンテナンスもしっかりしていて、アレルギーの人にも問題ありません。

 

アクアリウムは、副作用、デメリットを最小限に抑えてオフィスに設置できる、便利なヒーリングアイテムだと思います。